CCAP コミュニティクラフト

Community Crafts Association of the Philippines

 
 

クリックすると拡大します。

 

CCAPについて

「コミュニティークラフト(CCAP / Community Crafts Association of the Philippines)」は、1973年にフィリピン・マニラで設立されたフェアトレードNGO。WFTOにも加盟しています。
フィリピンの自然素材を使った手工芸品の生産を通して、貧困の改善を目指しています。
フィリピン各島に散らばる30を越えるグループを支援しており、生産者のグループ化やその民主的な運営指導、資金融資、草の根活動の重要性についての提言活動など、フィリピン国内外で活躍しています。
NGO活動の非常に活発なフィリピンの中でも、特に注目されているNGOのひとつです。
 
生産者によっては、マニラからバスで片道10時間以上の山道を越えた場所に暮らす人々も。頻繁に生産者に会いに行き、コミュニケーションを取りながら品質管理やサポートを行っています。
 

生産者の自立を支援するパートナーシップ制度

CCAPでは、それぞれの生産者グループの状況に合わせ、3~6年の期間でパートナーシップを結び、支援を行います。生産者たちはその支援により、直接国内外からの注文を受けて自立できる力を身につけた後に、CCAPを卒業していきます。
 
また、CCAPではその年の売り上げに応じて生産者の貢献度に比例したインセンティブを還元しようという試みに取り組んでいます。2007年度はインセンティブとして300~500ペソを一人一人の生産者に還元することができました。
このインセンティブはCCAPの代表と生産者一人一人が直接顔を合わせて手渡すため、お互いの絆を深めあう大切な機会になると同時に、生産者自身が自分の仕事により一層の誇りを持てることに、大きな役割を果たしているそうです。
 

アバカランプの生産者たち

シサムでも人気の天然素材・アバカを使ったランプシェード。
その生産者グループは、ルソン島南部のビコール州、レガシピ地方のマウラロと呼ばれる村を拠点とする「マルラオハンディクラフト生産者組合」。
1994年にCCAPの支援を受け、仲間と一緒に共同組合組織にしてから、今では29家族、56人が働ける場となりました。
 

FAIR TRADE PARTNER

シサムのフェアトレードパートナー

フェアトレードNGO
カラティマク手工芸自助財団 / Kalatmak

インド・ラクノー / Lucknow India


Kalatmakは、インド中北部のラクノー地方に伝わる素晴らしい刺繍の技術を使って、田舎に住む多くの女性アーティザンによる
自助グループと共に生産を行っています。この自助グループは、地方の貧しい女性たちで構成されるマイクロ事業で、女性たちは日々、
母から子へ、姑から嫁へと受け継がれてきた刺繍技術を使って、経済的自立を目指し力を合わせて働いています。
 

フェアトレードNGO
クリエイティブ・ハンディクラフト / Creative Handicrafts

インド・ムンバイ / Mumbai India


インドの商業都市、ムンバイで人口の80%といわれるスラム住民の自立支援のため活動しているフェアトレードNGO。
クリエイティブ・ハンディクラフトは、都市スラムに暮らす女性たちを対象に複数の縫製グループを作り、国内外での販売を支援しています。
 

フェアトレードNGO
サナハスタカラ / Sana Hastakala

ネパール・カトマンズ / Kathmandu Nepal


サナハスタカラは、ネパール語で「小さな手工芸品」という意味。
品質は優れていながらも、ネパールの山がちな地形のために市場に出すのが困難なネパール中の手工芸品を紹介することで、
生産者が現金収入と新しい技術を習得するのを支援しています。
 

フェアトレードNGO
マハグチ / MAHAGUTHI


マハグチは、ネパール国内の小規模手工芸生産者に技術指導や生産機会を提供し、ネパール国内だけでなく、世界中に
フェアトレード商品を届けています。ネパール国内で困窮した状況にある女性を保護し、職業訓練を行う福祉施設「アシュラム」の
販売部門として1984年に設立されたのが始まりです。今でもマハグチの利益の40%は「アシュラム」の運営費として活用されています。
 

フェアトレードNGO
サシャ / Sasha

西インド / West India


サシャは西インドで手工芸の開発とマーケティングを行うフェアトレードNGOです。フェアトレードの理念に則って生産者を支援しながら、
市場の方郁也デザインの開発に力を入れ、地域固有の手工芸品を復興させてきました。
 
 

フェアトレードNGO
農民組合「チェトナ・オーガニック」& 衣料生産工場「ラージュ・ラクシュミ」

Chetna Organic & Raj Laxmi India


チェトナオーガニックはインド・オディッシャ州で活動している農民組合。「持続可能な農業」をビジョンとし、
綿農家が遺伝子組み換えの種を使わずオーガニック農法にこだわった農園で綿の栽培ができるようサポートするため、
オーガニックコットンの種や換金作物の種を配布しています。
 
 

フェアトレードNGO
ノアーズアーク / Noah's Ark

インド / India


職人たちが輸出業者によって搾取されている現状に疑問を抱き、職人たちとより良い関係を築くために創設されました。
600人以上もの人々が関わる100あまりの生産者グループを抱え、厳しい状況にいる職人たちへさまざまな支援をしながら、
地元の平均より10~15%高い賃金を支払っています。
 
 

フェアトレードNGO
タイクラフト / Thai Craft

タイ・バンコク / Bangkok Thailand


タイ・バンコクにある「タイクラフト」は、タイ国内の生産者グループが作る手工芸品の輸出や、タイ国内での販売を支援するNGOです。
生産者自身が販売を経験すること、消費者に直接会うことにより、地方に住む生産者たちがマーケティングや商品開発などの力をつけ、
自分たちで生産から販売まで行えるようになるための場を提供しています。
 
 

フェアトレードNGO
CCAP コミュニティクラフト / Community Crafts Association of the Philippines

フィリピン・マニラ / Manila Philippines


フィリピンの自然素材を使った手工芸品の生産を通し、貧困の改善を目指して設立されたWFTO加盟のフェアトレードNGOです。
フィリピン各島にちらばる30を越えるグループを支援しています。
生産者のグループ化、民主的な運営指導、資金融資、草の根活動の重要性についての提言活動など、フィリピン国内外で活躍しています。
 
 

フェアトレードNGO
ミトラバリ / Mitra Bali

インドネシア / Indonesia


バリで手工芸品を作る生産者たちを、悪質な中間業者から保護するために立ち上げられたフェアトレードNGO。
特に市場から離れたバリ島東部に散在している生産者グループを支援しており、ミトラバリに商品を買い取ってもらえるようになってから、
長距離を出掛ける必要もなくなり、家族が一緒に村の中で安定した生活を送れるようになりました。
 
 

フェアトレードNGO
CGN コーディリエラ・グリーン・ネットワーク / Cordillera Green Network

フィリピン / Philippines


2001年に設立された、フィリピンのルソン島で活動する環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)」。
自然環境を守り、山で自然と共に生きる人々の暮らしの支援と向上を目的に、現地で様々な活動を行っています。
 
 

カラティマクは、インド中北部のラクノー地方に伝わる素晴らしい刺繍の技術を使って、田舎に住む多くの女性アーティザンによる自助グループと共に生産を行っています。この自助グループは、地方の貧しい女性たちで構成されるマイクロ事業で、女性たちは日々、母から子へ、姑から嫁へと受け継がれてきた刺繍技術を使って、経済的自立を目指し力を合わせて働いています。

インドの商業都市、ムンバイで人口の80%といわれるスラム住民の自立支援のため活動しているフェアトレードNGO。クリエイティブ・ハンディクラフトは、都市スラムに暮らす女性たちを対象に複数の縫製グループを作り、国内外での販売を支援しています。

サナハスタカラは、ネパール語で「小さな手工芸品」という意味。
品質は優れていながらも、ネパールの山がちな地形のために市場に出すのが困難なネパール中の手工芸品を紹介することで、生産者が現金収入と新しい技術を習得するのを支援しています。

マハグチは、ネパール国内の小規模手工芸生産者に技術指導や生産機会を提供し、ネパール国内だけでなく、世界中にフェアトレード商品を届けています。
ネパール国内で困窮した状況にある女性を保護し、職業訓練を行う福祉施設「アシュラム」の販売部門として1984年に設立されたのが始まりです。今でもマハグチの利益の40%は「アシュラム」の運営費として活用されています。

サシャは西インドで手工芸の開発とマーケティングを行うフェアトレードNGOです。フェアトレードの理念に則って生産者を支援しながら、市場の方郁也デザインの開発に力を入れ、地域固有の手工芸品を復興させてきました。

チェトナオーガニックはインド・オディッシャ州で活動している農民組合。「持続可能な農業」をビジョンとし、綿農家が遺伝子組み換えの種を使わずオーガニック農法にこだわった農園で綿の栽培ができるようサポートするため、オーガニックコットンの種や換金作物の種を配布しています。

職人たちが輸出業者によって搾取されている現状に疑問を抱き、職人たちとより良い関係を築くために創設されました。600人以上もの人々が関わる100あまりの生産者グループを抱え、厳しい状況にいる職人たちへさまざまな支援をしながら、地元の平均より10~15%高い賃金を支払っています。

タイ・バンコクにある「タイクラフト」は、タイ国内の生産者グループが作る手工芸品の輸出や、タイ国内での販売を支援するNGOです。
生産者自身が販売を経験すること、消費者に直接会うことにより、地方に住む生産者たちがマーケティングや商品開発などの力をつけ、自分たちで生産から販売まで行えるようになるための場を提供しています。

フィリピンの自然素材を使った手工芸品の生産を通し、貧困の改善を目指して設立されたWFTO加盟のフェアトレードNGOです。
フィリピン各島にちらばる30を越えるグループを支援しています。
生産者のグループ化、民主的な運営指導、資金融資、草の根活動の重要性についての提言活動など、フィリピン国内外で活躍しています。

バリで手工芸品を作る生産者たちを、悪質な中間業者から保護するために立ち上げられたフェアトレードNGO。
特に市場から離れたバリ島東部に散在している生産者グループを支援しており、ミトラバリに商品を買い取ってもらえるようになってから、長距離を出掛ける必要もなくなり、家族が一緒に村の中で安定した生活を送れるようになりました。

 

2001年に設立された、フィリピンのルソン島で活動する環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)」。
自然環境を守り、山で自然と共に生きる人々の暮らしの支援と向上を目的に、現地で様々な活動を行っています。